金子弌大(日ハム)登録名の由来,理由は?読めないと評判…中二病や湯婆婆との声も

Pocket

スポンサーリンク

オリックスを自由契約となった金子千尋投手。メジャーに行くのかなどと囁かれていましたが、10日に日本ハムファイターズと正式契約を結びました。

ファイターズのユニフォームに袖を通した金子投手の背中には、オリックス時代と同じ背番号「19」がつけられていました。

栗山監督はじめ、球団の方の情熱に心を打たれて北海道で野球をしたいと思いました。と語った金子選手。登録名も新たに北海道の地で新たな野球人生を歩もうとしています。

そんな金子投手の登録名がちょっと斬新なので、調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

金子弌大プロフィール・経歴・成績

button-only@2x 金子弌大(日ハム)登録名の由来,理由は?読めないと評判…中二病や湯婆婆との声も

引用元:ゲーテ

1983年11月8日、新潟県三条市出身。身長180㎝、77㎏。

長野商業高校時代は、2年生の時に春のセンバツに投手として出場。3年生の時には、長野県大会でノーヒットノーランを達成するなどの記録を残しています。

高校卒業後は、社会人野球のトヨタ自動車に入社し、野球部で活躍をした金子投手。入社から3年目で抑え投手として頭角を現わしました。

2004年のドラフト会議で自由獲得枠でオリックス・バファローズに入団。オリックス入団2年目からは一軍で先発を任せられるなど、オリックスの金子千尋がこの頃からできあがってきたのです。

最優秀賞、ベストナイン賞、沢村賞、ゴールデングラブ賞など様々なタイトルも受賞する。そして、2018年のシーズン後には球団と金額面での折り合いがつかずに自由契約となりました。

金子弌大の移籍先は日本ハム!

button-only@2x 金子弌大(日ハム)登録名の由来,理由は?読めないと評判…中二病や湯婆婆との声も

引用元:ZAKZAK

オリックスを自由契約となった金子投手の、新たなチームは日本ハムファイターズです。とても寒い札幌市内で入団会見が行われたそうです。

スポンサーリンク

金子投手も新潟と長野で幼少期を過ごしているので、雪国は慣れていますかね。金子投手の年俸は年俸1億5000万円プラス出来高払いだそう。決して悪くない条件だと思います。

スポンサーリンク

来シーズンは、北の大地で金子投手の七色の変化球を見る事ができるのか!

登録名は金子弌大!由来や理由も調査!!

気持ち新たに、登録名も変更をした金子投手。登録名は「金子弌大」に変更されるそうです。読み方はそのまま「かねこちひろ」です。

この名前の由来は、信頼する風水の先生に、この文字にするといいと勧められたのがきっかけのようです。

「弌」という漢字の意味は「ひとつ」「順番の一番目」などがあります。意味は「壱」と同じですが、「弌」は「壱」の古字になります。

金子弌大?読めない登録名

パッと見て何て読むのか分かりませんでした。キラキラネームなのかと思いました。読み方はそのまま「かねこちひろ」だという事ですが、どんなに風水の先生が良いと言ったからと言っても、やはり他人が読めないというのは不便なものです。

プロ野球選手で、登録名を変更した選手は過去にもいましたが、難解な漢字に変更する選手が多いですね。

はやり風水であったり、占い師であったりに相談をして決めたという選手も多いのではないでしょうか。

どちらにせよ、誰しもが読める登録名のほうがファンにも愛されると思うのですが。どうでしょうか。

金子弌大は中二病!?新しい登録名は湯婆婆に言われて変更?ネットでの評判を調査!

金子投手の登録名の変更についてネットでの評判を調べてみました。やはりあまり良い評判ではないようで、「中二病」「これはひどい」「読めねぇ」など酷評が多い。

その中でも多いのが「神隠しかよ」「風水の先生が湯婆婆説」です。

湯婆婆とは、人気アニメ「千と千尋の神隠し」に出てくるキャラクターで、人から名前をとって支配すると言う老婆の事です。

button-only@2x 金子弌大(日ハム)登録名の由来,理由は?読めないと評判…中二病や湯婆婆との声も

引用元:Twitter

アニメの中で「ぜいたくな名だね!今からおまえの名前は千だ」と言って主人公の女の子から名前を取ってしまうというシーンがあります。

金子投手の登録名の変更が、そのシーンを彷彿させると話題になっているようです。

「贅沢な名だね!今からおまえの名は金子弌大だ」と風水の先生ならぬ、湯婆婆に言われたのでは?とファンは心配しているようです。

いつもトリッキーな金子投手ですが、気持ち新たに「金子弌大」として活躍する事ができるのか!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク