埼玉西武ライオンズ

森友哉タメ口やんちゃぶり!高校時代もヤンキー?タバコ(喫煙)も調査!!

Pocket

スポンサーリンク

西武ライオンズ期待の若手、森友哉選手。

先日放送されたフジテレビ系列「ジャンクSPORTS」にて、森友哉選手が出演したのだが、そのやんちゃぶりが取り上げられ、話題となっている。

一体どれくらいやんちゃなのか?

プロフィールと併せてご紹介していこうと思う。

スポンサーリンク

森友哉  プロフィール(成績、経歴)

button-only@2x 森友哉タメ口やんちゃぶり!高校時代もヤンキー?タバコ(喫煙)も調査!!

出典:https://www.seibulions.jp/team/player/detail/2018_10.html

名前:森友哉

生年月日:1995年8月8日

出身地:大阪府

身長:170センチ

体重:80キロ

経歴:大阪桐蔭高校-西武ライオンズ

森友哉選手は西武ライオンズの正捕手候補の若手選手である。

5歳から野球を始め、(※)NPB12球団ジュニアトーナメントではオリックスジュニアとしてチームを率い、優勝を果たす。

スポンサーリンク

(※)NPB12球団ジュニアトーナメント

一般社団法人日本野球機構プロ野球12球団が連携し、「子供たちが”プロ野球への夢”という目標をより身近に持てるように」という考えのもとに企画されたジュニア野球大会である。

出典:http://npb.jp/junior/2018/

中学時代は地元の「堺ビッグボーイズ」で硬式野球を始め、三年時には全国大会準優勝、全日本代表にも選ばれた。

エリート街道を掛ける森選手は、全国屈指の強豪校である大阪桐蔭高校に進学すると、1年の秋からレギュラー捕手の座を掴むと、2年次には現阪神タイガースで1学年先輩の藤浪晋太郎投手とバッテリーを組み、史上7校目の春夏連覇を達成した

高校時代に打率4割超えや国際大会出場など、輝かしい成績を残し、2013年ドラフト会議にて西武ライオンズからドラフト1位指名を受け入団。

西武ライオンズ入団後は持ち前の打撃を買われ、捕手以外(指名打者、外野手)での試合出場が増え、コンスタントに成績を残している。

そして今シーズン、西武ライオンズでライバルであった炭谷銀仁朗選手がFAで巨人に移籍したことにより、正捕手候補として期待される選手である。

森友哉 先輩・山川穂高にはタメ口?

冒頭で記述した通り、先日放送されたフジテレビ『ジャンクSPORTS』の西武ライオンズSPにて、先輩である山川穂高選手が森選手に対して、

「おい森 タメ口やめろ!」

と不満を漏らしたのだ。

なぜこんなにも生意気なのか?

その理由は森選手がドラフト1位入団した2013年、この年のドラフト2位が山川穂高選手。

同期入団ということで、森選手の感覚では『同い年』という言い分なのだ。(年齢は山川選手が4歳年上)

更に他の選手からもタメ口を指摘されるなど、その『やんちゃぶり』は噂通りであった。

ここまで生意気だと、普通先輩にボコボコにされるのだが、森選手はきちんと結果を残し、チームメイトと仲が良いからこそ許されているのだろう。

この動画を見ると、森選手のタメ口と、仲の良さが伺えるので、是非ご覧頂きたい。

森友哉  やんちゃでヤンキー?

人を見た目で判断してはいけないのだが、森選手の見た目を見ると若い時やんちゃしてたのではないか?と思ってしまう。

そこで過去の写真を調べてみたのだが、彼はやはり『ヤンキー』であった。

スポンサーリンク
button-only@2x 森友哉タメ口やんちゃぶり!高校時代もヤンキー?タバコ(喫煙)も調査!!

出典:http://gensun.org/pid/2868416

button-only@2x 森友哉タメ口やんちゃぶり!高校時代もヤンキー?タバコ(喫煙)も調査!!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8ZVMFUNQ6Zs

若気の至りといえば仕方ない。

しかし筆者も野球経験者だが、野球が上手い人程ヤンキー的な人が多く、いかついにも確かである。都内でも野球が強い地域はヤンキーが多い。(区の特定はできないが、都内在住の人は予想がつくだろう。)

スポンサーリンク

森選手もきっと若い時はやんちゃしていたが、それと同時に野球の努力も怠らなかったからこそ今の姿があるに違いない。

森友哉 高校時代

彼のプロフィールをすでにご紹介したが、森選手は完全なる野球エリートだ。

高校時代、現在全国最強高としても名高い大阪桐蔭高校で2年次に全国制覇し、3年でも主将としてチームを引っ張っていた。

能力的に申し分ないのだが、彼のもう1つの特徴は『気配り』が出来るという部分である。

その『気配り』は高校時代に培われており、大阪桐蔭監督の西谷氏はこう答えている。

「高校野球では1年かけてじっくりとチーム作りをしていきますが、代表戦の場合、短期間でチーム作りをしなければなりません。森は、選手たちにいろいろ声をかけたり、投手とコミュニケーションをとったり、彼独特の人柄と気配りの良さでチームをまとめてもらい、助かりましたし、そして森の凄さを感じました。代表監督の目からしても、森は素晴らしかったと思います」

出典:https://www.hb-nippon.com/column/1393-kataruh/11614-20170421no43kataruh?page=2

 

このように、独自の気配りと彼の人柄があるからこそ、多少やんちゃでも先輩に可愛がられるのであろう。

森友哉 タバコ

実力もあり人柄も良く、やんちゃな森選手。

やはり元ヤンキーということもあり、現在もタバコを吸っているようだ

スポンサーリンク

プロ野球選手が喫煙者していることに対して否定的な意見も多いのだが、現在第一線で活躍している選手の中にも喫煙者は多くいる。

読売ジャイアンツ坂本勇人、阪神タイガース糸井嘉男、広島東洋カープ菊池涼介。

近年体調管理のストイックな選手が多く、喫煙飲酒をする選手が少ないのは確かだが、結果を出しているのであれば喫煙しようが関係ないと思う。

結果が全てのプロ野球界。

この先も喫煙する森選手に対し、厳しい意見が出るのかもしれないが、そんな外野の発言は気にせずにやっていってほしい。

かつてキャッチャーとして三冠王を獲得した野村克也氏が、

『森選手は魅力的だね』

と述べたこともある通り、野村克也以来の捕手で三冠王を獲得してほしい。

私は彼が三冠王を獲得するまで彼を応援していこうと思うので、読者もそのつもりで応援してほしい。

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です