埼玉西武ライオンズ

宮川哲(西武)の球種,球速は?彼女や結婚,父親についても調査!!

Pocket

スポンサーリンク

2019年ドラフト会議において埼玉西武ライオンズが1位指名した社会人野球の星・宮川哲選手。

社会人野球の強豪・東芝出身の好投手で、読売ジャイアンツとの抽選の末、西武が交渉権を獲得した今後楽しみな投手です。

そんな宮川選手のプロフィールと、家族についてご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

宮川哲(西武ライオンズ) プロフィール(経歴,出身地)

button-only@2x 宮川哲(西武)の球種,球速は?彼女や結婚,父親についても調査!!

出典:https://www.toshiba.co.jp/sports/baseball/member/profile/miyagawa_t.htm

名前:宮川哲(読み:みやがわてつ)

出身地:奈良県生駒市

生年月日:1995年10月10日

身長:177センチ

体重:80キロ

投打:右投右打

経歴:東海大山形高校-上武大学-東芝

今年ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位指名を受けた宮川哲選手。

4歳から野球を始め、小学校と中学校では軟式野球を行なっており、何と中学3年の時には全国制覇を果たしました。

スポンサーリンク

その後、地元を離れ山形県の強豪校である東海大山形高校に進学します。

進学後、その強肩を買われ(当時遠投120メートル)内野から投手へコンバートし、エースとしてチームを牽引していきます。残念ながら高校時代は甲子園出場は出来ませんでしたが、その能力は多くの野球関係者が評価するほどでした。

高校卒業後、上武大学へ進学。2年生になると頭角を現し、3年次には最速146km/hを記録し、先発をメインに活躍します。

4年生春のリーグ戦では3勝0敗、防御率0.65の好成績を残し、最多勝利投手、最優秀防御率、ベストナインのタイトルを獲得。この活躍で誰しもがプロ確実だと予想しており、本人もプロ志望届を提出しましたが、残念ながら指名されませんでした。

悔しい思いをしながらも、挫けずに社会人野球・東芝で野球を続けます。

入団後、150km/hオーバーをコンスタントに記録し、都市対抗二次予選は154km/hを記録。

そして2019年、ドラフト会議で巨人と西武の競合の末、埼玉西武ライオンズが交渉権を獲得。今後期待大の選手となっています。

宮川哲 球種や球速

button-only@2x 宮川哲(西武)の球種,球速は?彼女や結婚,父親についても調査!!
スポンサーリンク

出典:https://article.auone.jp/detail/1/6/10/8_10_r_20191017_1571302424411716

宮川選手の特徴といえば、打者の手元で急激に伸びる力強いストレートが持ち味です。

前述した通り、ストレートは最速154km/hを記録したこともあり、そのストレートは試合において多くの打者から空振りを奪っています。

変化球はカットボール、パワーカーブ、フォークを駆使し、ストレートと織り交ぜた変化球は中々打てないようですね。

ちなみにストレートは150キロを超え、カットボールは140キロ後半、さらにフォークボール140キロ台というとんでもないレベルのボールを投げ、ストレートに至っては回転数が約2,550rpmとなっており、プロトップレベルの回転数を誇っています。

宮川選手自身はそこまでストレートに固執してないようで、『球速が出ていても(試合で)抑えないと意味がないと思いながらやっています』と、とにかく試合に勝つことに重きを置いているクレバーな選手なようです。

 

宮川哲 彼女や結婚予定について

社会人野球出身で、現在24歳ということで、彼女や結婚に関しても気になりますよね?

色々と調査してみましたが、具体的な情報は見当たりませんでした。

ここは新しい情報が入りましたら追記します。

宮川哲 家族(父親,母親)について

宮川選手のご家族についても調査しましたが、彼女情報と同様に、はっきりとした情報は見つかりませんでした。

ご両親はメディアに登場しておりませんが、ご自身の息子がプロ野球選手になれたことは非常に喜んでいるでしょうね。

ご両親に更に喜んでもらうために、プロでの活躍を期待したいですね!

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です