読売ジャイアンツ

岸田行倫(巨人)嫁/結婚相手は?父親,母親,2020年俸についても

Pocket

現在セリーグ首位を走る読売ジャイアンツ。坂本勇人選手や岡本和真選手など主力選手を中心に、若手ベテランが融合し好調をキープしています。

そんな読売ジャイアンツで若手捕手として次世代を担うであろう選手が岸田行倫選手です。

一体どのような選手なのか?プライベートな部分も含めてご紹介していきたいと思います!

岸田行倫(読売ジャイアンツ) プロフィール(経歴,成績,出身地,プロフィール) 

button-only@2x 岸田行倫(巨人)嫁/結婚相手は?父親,母親,2020年俸についても

出典:https://www.giants.jp/G/player/prof_27343.html

  • 名前:岸田行倫
  • 生年月日:1996年10月10日
  • 出身地:兵庫県川西市
  • 身長:176センチ
  • 体重:80キロ
  • 投打:右投右打
  • 経歴:報徳学園-大阪ガス-読売ジャイアンツ

超野球エリートである岸田行倫選手。高校では強豪の報徳学園で1年から内野手としてベンチ入りし、2年生の秋かチーム事情により捕手に転向しました。3年生の春にはセンバツ出場し、捕手ながら2番手投手で登板。試合は敗れたものの最速145km/hを記録しました。

夏の甲子園大会には出場できませんでしたが、U18アジア野球選手権では高校日本代表の三番も務め、チームを牽引。その後大学には進学せず、社会人野球の強豪である大阪ガスに進みました。

大阪ガスでは1年目から捕手のレギュラーを掴み、日本選手権では2年連続4強入りに貢献します。二塁送球1秒8の強肩と、広角に打ち分ける打撃が持ち味で、これまでも投手、遊撃手など高い野球センスのある岸田行倫選手。

阪神やソフトバンク、楽天が獲得に動いていた2017年ドラフト会議において、読売ジャイアンツから2位指名を受け入団。同期には同じ捕手の大城卓三選手がいます。

入団1年目は二軍での試合出場がほとんどで、51試合に出場し、打率.256、3本塁打、28打点を記録。2019年に一軍デビューし、2020年シーズンは小林誠司選手の離脱により、一軍に昇格しており、今後の活躍が期待されます!

岸田行倫の結婚、嫁は?

button-only@2x 岸田行倫(巨人)嫁/結婚相手は?父親,母親,2020年俸についても

出典:https://hochi.news/articles/20180129-OHT1T50022.html

岸田行倫選手は2018年に大阪出身の一般女性と結婚を果たしました!

2016年の大阪ガス時代に友人から紹介され出会い、明るい性格の奥様に惚れたようです。

岸田行倫選手は奥様に対し、「よく笑って、話しやすくて、いつも僕を前向きにさせてくれる」と自身のモチベーションを上げてくれる大事な存在のようです。

スポンサーリンク

現在巨人は大城卓三選手、中堅の小林誠司選手、ベテランで経験値のある炭谷銀仁朗とライバルが多くいます。そんな中、現在若手ながら1軍に帯同し、レギュラーの座を虎視眈々と狙っています。

奥様を今以上に幸せにするために、これらのライバルに勝ち、頑張って欲しいですね!

岸田行倫 家族(父親,母親)について

button-only@2x 岸田行倫(巨人)嫁/結婚相手は?父親,母親,2020年俸についても

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/6c5d0b63711236c4ab58a78d5c61ece2c9cf0dfd

スポンサーリンク

岸田行倫選手の父親である辰則さんは、川西明峰高校時代にあのヤクルトスワローズで活躍した名捕手古田敦也氏の1学年先輩で、高校時代は正捕手を争っていたそうです!

父親の遺伝子を受け継ぎ、息子である行倫さんも捕手としての才能を発揮しています。もちろん自身の練習の努力により現在の立ち位置があると思いますが、少なからず父のDNAも持ち合わせているのでしょうね!

岸田行倫選手の母親の情報は見つかりませんでしたので、分かり次第追記します!

岸田行倫 2020年の年俸

button-only@2x 岸田行倫(巨人)嫁/結婚相手は?父親,母親,2020年俸についても

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/9ed48639cdbe81923f230557f5426b48319ba320/images/000

岸田行倫選手の入団後3年間の年俸推移は以下の通りです。

年俸 チーム 背番号
2020年 1100万円 読売ジャイアンツ 38
2019年 1080万年 読売ジャイアンツ 38
2018年 1200万円 読売ジャイアンツ 38

入団時から期待されていることもあり、1000万円超えからのスタートとなっています。ただ、今後の活躍次第では1億円プレーヤーも夢ではありませんね!

アマチュア時代から強肩強打の大型捕手として各球団のスカウトからの評価が高かった岸田行倫選手。プロの厳しい世界でライバルも多いですが、是非全国区の選手になってほしいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です