千葉ロッテマリーンズ

佐々木朗希(ロッテ)の家族(両親,兄弟)や彼女について調査!! 

Pocket

スポンサーリンク

2019年プロ野球ドラフト会議において、一番の目玉選手として注目されていた大船渡高校・佐々木郎希選手。

高校最速163キロを記録し、あの大谷翔平以上に逸材と言われた大型選手は、パリーグ・千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得しました。

そんな佐々木郎希選手をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

佐々木朗希(千葉ロッテマリーンズ) プロフィール(経歴、出身地)

button-only@2x 佐々木朗希(ロッテ)の家族(両親,兄弟)や彼女について調査!! 

出典:https://akaheru.com/archives/【吉報】日ハムさん、既にドラフトで指名する選.html

名前:佐々木郎希(読み:ささきろうき)

生年月日:2001年11月3日

出身地:岩手県

身長:190センチ

体重:86キロ

投打:右投右打

経歴:大船渡第一中学校-大船渡高校-千葉ロッテマリーンズ

佐々木郎希は2019年プロ野球ドラフト会議において4球団競合の末、千葉ロッテマリーンズが1位指名をした逸材です。

岩手県陸前高田市出身ですが、震災を機に大船渡へ移り住み、小中は軟式野球に取り組んでいました。

中学3年の秋に参加した「オール気仙」(※軟式野球部を引退した中学3年生がその秋に、高校から扱う硬式球の準備のため地域で結成する代表チーム。)では、岩手県大会で優勝、東北大会で準優勝し、全国大会に出場。大会中に自己最速となる141km/hを計測。

スポンサーリンク

その才能を見つけ、大阪桐蔭高校や花巻東高校など全国の強豪校からスカウトがあったものの、本人が「地元の友達と野球を続け、地元の学校で甲子園を目指したい」という希望と、「公立でも私立に負けない」というジャイキリ的な考え方で、地元大船渡高校へ進学します。

大船渡高校へ進学後、1年夏の県大会で147km/h、2年生の夏に154km/hを計測すると、一気に全国にその噂が広がり「大船渡高校の佐々木」と言えば高校野球関係者であれば誰もが知る選手となりました。

3年次の4月に行われた 高校日本代表候補による研修合宿の紅白戦で、163km/hを記録し、その投球を甲子園で観戦したいというファンも一気に増えましたが、残念ながら夏の決勝では花巻東高校に敗れてしまいます。

(※個人的には「坊主廃止」を掲げ、予選を制した花巻東高校も素晴らしいと思います!)

そして2019年ドラフト会議で日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団からの1位指名を受け、抽選の結果ロッテが交渉権を獲得。

今後がとても楽しみな選手です。

スポンサーリンク

佐々木朗希 彼女や結婚予定は?

button-only@2x 佐々木朗希(ロッテ)の家族(両親,兄弟)や彼女について調査!! 

出典:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/251547

大谷翔平以上の逸材、そして将来有望という彼ですが、今の所彼女や結婚の予定はないようですね。

注目度も高く、今後もマスコミに追いかけられる日々が続くと思いますので、まずはプロとして大成してほしいです。

佐々木朗希の家族構成 震災を機に変化

button-only@2x 佐々木朗希(ロッテ)の家族(両親,兄弟)や彼女について調査!! 

出典:https://times.abema.tv/posts/7024384

佐々木選手は両親、兄、弟という家族構成でした。

しかし、父親は2011年に起こった東日本大震災で犠牲になりました。

この震災で祖父母も亡くなり、その後父親のように厳しくしつけをした母親のお陰で、今の佐々木選手が出来上がりました。

プロへの切符をつかんだ息子に対し、天国の祖父母と父親は本当に喜んでいるでしょうね。

佐々木朗希 両親(父親、母親)

前述した通り、佐々木選手の父親は震災で犠牲になり、今はこの世にいません。

この時佐々木選手自身は精神的に辛い思いをしたようですが、この父親の存在があったからこそ野球を頑張れたのでしょう。

そして父親の死後、母親は1人で3人の息子を育て上げました。そんな母のためにもプロで活躍しなければいけませんね。

佐々木朗希の兄弟

佐々木朗希選手の兄・琉希さんは佐々木選手より3歳上で現在東北学院大学の教養学部に通っているそうです。

兄・琉希さんも大船渡高校出身で野球部OB、そして4番を任されていたそうです。

弟・怜希さんは情報は見つかりませんでしたので、分かり次第追記します。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です