阪神タイガース

ダスティン・アクリー(阪神?)経歴や打力,守備力は?イチローとの関係も調査!!

Pocket

スポンサーリンク

2018年、実に17年振りの最下位に沈んだ阪神タイガース。
様々な要因の中の一つとして、助っ人外国人の不調が挙げられると思います。

特に野手でいうと、鳴り物入りで韓国球界から移籍してきたロサリオ選手の不振、
それを受け、緊急で獲得したナバーロ選手もピリッとしない成績と、あてにしていた
助っ人野手の思わぬ不振が大きく影響していました。

そんな阪神タイガースですが、早くも来季の助っ人外国人の調査に動いているようです。

そんな中、名前が挙がったのが、元メジャーリーガーのダスティン・アクリー選手です。

昨今の日本プロ野球界では「元メジャーリーガー」という肩書も珍しくなくなってきましたが、
アクリー選手はどうやら、メジャーリーグの中でも将来を有望視されていた選手だったようです。

今回は、そんなダスティン・アクリー選手の経歴やプロフィール、
イチロー選手との関係についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

ダスティン・アクリー選手のプロフィール・経歴・成績は?

button-only@2x ダスティン・アクリー(阪神?)経歴や打力,守備力は?イチローとの関係も調査!!

引用元:NAVERまとめ

ダスティン・アクリー選手は、1988年2月26日生まれの30歳(2018年10月現在)。
アメリカのノースカロライナ州出身で、大学まで地元で過ごしていたようです。

大学時代は、3年連続で打率4割を記録し、大学通算打率も4割を超える高打率を残していました。

そんな類まれなるバッティングセンスが注目を浴び、
2009年のドラフト会議でマリナーズから1位(ドラフト全体でも2位)の指名を受け、入団を果たしました。

その後は東京ドームで行われたメジャーリーグの開幕戦でホームランを放つなど、レギュラーとして一定の活躍をしましたが、打率も3割を超えることなく、マリナーズからヤンキースへ移籍。

ヤンキースでは、2桁本塁打を放つシーズンもあり、主にユーティリティプレーヤーとして活躍した後、故障などもあり、エンゼルス3Aに移籍。

2017年、2018年とメジャーリーグに昇格することなく、シーズンを終えています。

スポンサーリンク

ダスティン・アクリー選手は阪神の助っ人となる?

ダスティン・アクリー選手ですが、阪神のニーズと合っている選手なのでしょうか。

阪神タイガースは2018年、リーグ最少のチーム84本塁打にとどまりました。
ロサリオ選手の不調もあった通り、ホームランバッターの不在によって、得点力も落ち、
打線としての迫力も欠けてしまいました。

今の阪神タイガースとしては、来季に向けて、是が非でもホームランバッターの獲得に動きたいところですが、
ダスティン・アクリー選手はお世辞にも「ホームランバッター」とは言い難いタイプの選手のようです。

先程ご紹介の通り、大学時代は高打率を記録してた選手で、メジャーリーグでも2桁本塁打を放つのが精一杯という感じでしたので、
どちらかというと中距離ヒッターのようです。

内外野をユーティリティに守れるのは魅力の一つですが、
今の阪神タイガースのニーズとはちょっと違うようです。

ダスティン・アクリー選手の打力は?バッティング動画あり!

ダスティン・アクリー選手の打力はどれくらいなのでしょうか。

メジャーリーグでは、高打率を残すのは難しかったようで、メジャーリーグ通算.241の打率。
ホームラン数も通算で46本だそうです。

スポンサーリンク

ホームランを打てない選手、ではなさそうですが、ここぞの一発を期待する選手ではないような感じがします。

ここでバッティングの動画を見てみましょう。

構えは癖のないフォームのようですが、インパクトの瞬間に少々体勢が崩れるような打ち方をしています。

ですが、さすがメジャーリーガー。真芯で捉えた打球はピンポン玉のように飛んでいきますね。

日本では、変化球が多投され、バッティングを崩す選手も多いですが、この体勢でも変化球攻めに耐えられれば、夢のマートン越えもあり得るかもしれません!

ダスティン・アクリー選手の守備力は?動画あり!

ダスティン・アクリー選手の守備力はどうなのでしょうか。
メジャーリーグでは、バッティングもさることながら、どこでも高いレベルで守れる、
守備力の高い選手として評価されていたようです。

ここで守備力が分かりそうな動画を見てみましょう。

どちらも内外野でのファインプレーの動画ですが、さすがメジャーリーガーというプレーですね。
迫力がありながらも、確実性のありそうな守備。

セカンドとセンターの守備が動画で確認できたので、この2つのポジションは守れそうですね。

阪神タイガースはまだまだ若手も多いチームなので、アクリー選手のポジションを回しながら、若手を成長させていく、という方法も良いかもしれませんね。

ダスティン・アクリー選手とイチローの関係は?

 

ダスティン・アクリー選手とイチローはどのような関係なのでしょうか。

ダスティン・アクリー選手は2009年に入団したシアトル・マリナーズでイチローと共にプレーをし、2012年に行われた日本でのメジャーリーグ開幕戦にも共に出場していました。

その開幕戦ではホームランを放つなど、大活躍をしたアクリー選手。
獲得後にイチローから教わったことなど、是非話してほしいですね!

イチローと共に守った外野の守備力が、センターラインを強化したい阪神の思惑に合致しているとも思える、
ダスティン。アクリー選手。
ホームランも狙える選手として、阪神タイガースは獲得するのでしょうか。
今後の情報に期待ですね!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です