読売ジャイアンツ

東京ドームのフェンスに穴(隙間)は観客席!パーティールームの料金,NZKの料理も調査!ダーツもできる?

Pocket

スポンサーリンク

今シーズン、東京ドームでのプロ野球の試合を観ていて「おや?」と思った事はありませんか?

左中間フェンスに謎の穴が開いているのに気付いた人も多いかもしれません。穴と言えば良いのか隙間と言えばよいのか。

とにかく外野にボールが行くと、気になって仕方ないこの謎の穴。カメラマン用なのか?はたまた新型の空調なのか!?

あまりにも気になるので調査してみました。気になる方も、気にならない方もご覧ください!

スポンサーリンク

東京ドームのフェンスに穴(隙間)が!2019年からなの?

button-only@2x 東京ドームのフェンスに穴(隙間)は観客席!パーティールームの料金,NZKの料理も調査!ダーツもできる?

https://www.excite.co.jp/news/article/Getnews_2139466/?p=3

見慣れない隙間を見て、こんなのあったけ?と調べてみると、どうやらこの謎の隙間は2019年から出現しているようです。どうりで見慣れない訳だと。

やはり、ジャイアンツの空調攻撃の新型なのか!もしそうだとしたら、こんな目立つ所には造らないよね。などと思いを馳せながら、恐る恐る調べてみると「NZK」という言葉が出てきたのです。

この謎の「NZK」とは一体何なのでしょうか!

東京ドームフェンスの穴(隙間)の正体は観客席だった!パーティールームのNZKとは?

button-only@2x 東京ドームのフェンスに穴(隙間)は観客席!パーティールームの料金,NZKの料理も調査!ダーツもできる?

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201903230000944.html

なぞの隙間「NZK」とは観客席である事がわかりました。NZK=のぞきこむという意味らしく、どうやら臨場感あふれる観客席という事らしいのですが。

金網フェンスになっているから、球場の空気も感じられるとか。これは、外野手のファンはたまりませんね。

ボールが飛んでくる可能性もある場所なので、選手がボールをキャッチする華麗な姿を目の前で見る事ができるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

しかし、まさかの観客席。しかもパーティールームとは驚きなのですが、どんな空間になっているのかとっても気になりますよね。

実は、東京ドームには特別な観戦ルームがあったのはご存知でしょうか?バックスクリーンの左右ににある「パーティースイート」というお部屋。

野球場とは思えないくらいの静けさで、結婚式場の待合室のようなラウンジがあります。

こちらのお部屋もビュッフェ形式でお料理が食べ放題と、ドリンクも飲み放題となっていました。

そして、もう1つがバックスクリーンの脇にある「バックスクリーンクラブ」です。こちらも、お料理ビュッフェ形式で食べ放題。ドリンクも飲み放題です。

着席できる席もあるようですが、基本的に食事は立食スタイルのようで食事エリアからはガラス越しに試合を観戦する事ができます。

そして、試合観戦がしたい時には外野指定席で観戦、応援ができるという2つの楽しみ方ができるという席です。

そして、今回のNZKが3番目のパーティールームになるようです。その3番目のパーティールームNZK-1とNZK-2の予約の方法や料金、どんな設備やサービスがあるのかなどNZKに入るためのマニュアル!購入方法などをまとめてみました!

東京ドームNZKの料金や購入方法など徹底調査!

button-only@2x 東京ドームのフェンスに穴(隙間)は観客席!パーティールームの料金,NZKの料理も調査!ダーツもできる?

https://www.sanspo.com/baseball/news/20190323/gia19032319470004-n1.html

部屋は2種類あり、NZK-1とNZK-2の2部屋です。そのため、利用できるのは1日に2組まで。これはかなりレアですよね。そして気になる部屋の設備は、NZK-1の方は定員が15人。

料金は税込みで300,000円。え!高い!と私も思ったのですが15人で入れば1人20,000円。そんなに高くは感じませんよね。しかし野球ファンを15人集めるのは結構大変。

野球好きじゃない人はこのNZKにはきっと興味を示さないだろうし、飽きてしまいますよね。しかし!驚くなかれ。

NZK-2には更に驚きの設備があるのです。アミューズメントコーナーがあり、野球以外もしっかりと楽しむ事ができます。

どんな設備があるかは、後ほど詳しく紹介したいと思っていますので、お楽しみに!

アミューズメントコーナーある「NZK-2」は、定員が25人。料金は税込みで625,000円です。

スポンサーリンク

予約方法ですが、現段階では「CLUB GIANTS」の会員のみと言う事だそうなのですが、CLUB GIANTSの会員でない人は、CLUB GIANTSに入会すればOKです。

また、一緒に行く人がCLUB GIANTSの会員なら安心ですね。申し込みはジャイアンツのホームページからできるそうです。

しかし、予約をすれば行けるという事ではなく1日に2組という事もあり抽選になります。運良く抽選に当たれば、試合開始2時間前からNZKに入れるそうですよ!

試合後にはグラウンドに出る事もできるそうで、これもパーティールームを利用した人の楽しみでもあるようです。

なかなかグラウンドに出られる機会というのは無いので、これは嬉しいサービスです。子供さんなどは嬉しいのではないでしょうか。

東京ドームNZKでの料理は?美味しいビュッフェが食べ放題!?

button-only@2x 東京ドームのフェンスに穴(隙間)は観客席!パーティールームの料金,NZKの料理も調査!ダーツもできる?

https://www.msn.com/ja-jp/sports/npb/%E5%B7%A8%E4%BA%BA%E3%80%81%E5%B7%A6%E4%B8%AD%E9%96%93%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%A3%8F%E3%81%AB%E6%96%B0%E8%A8%AD%E3%80%8C%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BD%8E%EF%BD%9A%EF%BD%8B%E3%80%8D%E5%85%AC%E9%96%8B/ar-BBV8ZYh

さて、やはりパーティーというと楽しみなのが料理とドリンクですよね。NZKでの飲食はそれぞれ、どちらのお部屋も飲食は自由です。

食べ放題、飲み放題となっていて、野球観戦の醍醐味とも言える生ビールも飲み放題!サーバーが置いてあるので、ボタン1つで美味しい生ビールを飲む事ができます

スポンサーリンク

もちろん生ビールの他にもハイボールやワインや焼酎なども用意されています。アルコールが苦手な人やお子さんにはソフトドリンクの用意もありますよ!

料理はオシャレなビュッフェ東京ドームホテルの監修なので、かなりの本格派!季節のお料理などもあるそうで、これは期待できそうですね。

料理とドリンクの用意ができたら、いざ試合観戦へ!隙間の金網越しなので、ちょっと疲れそうですが、選手たちの力強いプレーが近くで見られるのは、このNZKならでは!

球場の空気感も味わえるので、ファンにはたまりませんね!

東京ドームNZKでダーツや漫画やゲームが楽しめるらしい!

button-only@2x 東京ドームのフェンスに穴(隙間)は観客席!パーティールームの料金,NZKの料理も調査!ダーツもできる?

https://twitter.com/hashtag/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0nzk

先ほども書いたように、NZK-2にはアミューズメントコーナーがあり、ゲームなどを楽しむ事ができます。

まずはパーティーと言えばダーツ!!これは野球に興味が無い人でもかなり盛り上がりますよね。みんなでワイワイとダーツもパーティーならでは。

そして大人でも子供でも楽しめるNintendo Switchなどのゲーム機もあります。これでもまだ足りないよ!という人の為に、ズラリと並んだマンガ本。まるでマンガ喫茶のような。

それも野球マンガの名作が揃っているのも野球ファンにはグッときます。野球場で読む野球マンガはまた格別ではないでしょうか。

スポンサーリンク

私も野球マンガは大好きなので、ラインナップが気になったので調べてみました。野球マンガと言えば浮かんでくるようなマンガが15作品も置いてあるそうですよ!

これは本音、ずっと読んでいたいです。マンガ好きの人は、野球観戦もしたいし野球マンガも読みたいと悩んでしまうかもしれませんね。

ここまでの設備が揃っていたら、野球に興味がない人やお子さんでも楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。

せっかくこんな席で野球が観戦できるのに、観ないなんてもったいない!と思う人はフェンスの隙間から観戦してプロ野球選手の素晴らしいプレーをしかと目に焼き付けてください!

そして、パーティーは好きだけど野球はちょっとね。という人や、ちょっと長くて飽きてきちゃった人などはダーツやゲームで楽しむ。それぞれの楽しみ方ができるのも魅力ですね。

やはり抽選という事でかなり激レアな席だとは思いますが、NZKを一度は体験してみたいものです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です