日本ハムファイターズ

金子誠の嫁&結婚,自宅を調査!応援歌,グローブと守備の関係性は?

Pocket

スポンサーリンク

日本ハムファイターズを守備で支えていた選手と言ったら、やはり金子誠コーチではないでしょうか?

守備に華やかさはありませんが、堅実な守備と言える安心感のある守備が日本ハムファイターズを支えていたのだと思っています。

ミスター日本ハムファイターズと言っても過言ではない、野球人生を日本ハムファイターズに捧げた男。金子誠。

WBSCプレミア12でもヘッドコーチを務める金子誠コーチ。現役時代はどんな選手だったのか。また嫁や自宅などについても調査してみました。

スポンサーリンク

金子誠プロフィール・経歴・成績・出身地

button-only@2x 金子誠の嫁&結婚,自宅を調査!応援歌,グローブと守備の関係性は?

https://sp.baseball.findfriends.jp/player/%E9%87%91%E5%AD%90%E8%AA%A0/

1975年11月8日生まれ、千葉県出身、身長185㎝、体重90㎏

高校野球の名門である常総学院で、遊撃手として春夏合計3度の甲子園出場を果たします。3年生ではチームの主将を務めチームをベスト4に導きました。

打撃センスも高かったのですが、金子誠コーチの送球を一塁手が取れないくらいに肩が強かったので、手加減をして送球をしていたそうです。その肩の強さは高校時代からのエピソードからも伺えますね。

1993年のドラフトで日本ハムファイターズが3位で指名し入団。

1年目は1軍での出場はなし、2年目もわずかに4試合でしたが3年目にはレギュラーを獲得しパ・リーグの新人王に輝きました。

1998年と1999年には二塁手としてゴールデングラブ賞を獲得、この年のべストナインにも選ばれました。

2002年、二塁手から遊撃手へコンバートし、片岡篤史選手が阪神に移籍をした事を期に、背番号8を受け継ぎました。

この頃から成績が少し下降気味になるも、2004年にはアテネオリンピックの日本代表に選出されました。

スポンサーリンク

2009年には遊撃手としてゴールデングラブ賞を受賞し自身初の打率3割を達成するなど、プロ16年目にしてキャリアハイの成績を残しました。

2010年からは故障も続き、若手が活躍してきた事もあり出場機会が激減。2014年に引退を表明しました。

2015年、日本ハムファイターズのチーム統轄本部特命コーチに任命され2016年には1軍の打撃コーチに就任、2017年サムライジャパンのヘッドコーチに就任、2018年1軍内野守備コーチに就任、2019年1軍打撃チーフ兼作戦コーチに就任しました。

金子誠の嫁は?結婚相手と子供について

button-only@2x 金子誠の嫁&結婚,自宅を調査!応援歌,グローブと守備の関係性は?

http://www.japan-baseball.jp/jp/profile/201904017.html

元テレビ朝日のキャスターである白木清かさんと結婚し、娘と息子の2人の子供がいます。息子の永さんは中学3年生。中学生ながらに身長180㎝もある立派な体格のようです。

その永さんが、侍ジャパンU-15の代表メンバーに選出されていました。父親譲りの立派な体躯を武器にアジアの強豪チームと戦ったようです。

写真を拝見すると、目元が似ている感じがしますね。数年後にプロの世界で活躍する事を楽しみにしています。

スポンサーリンク

金子誠の自宅は?

button-only@2x 金子誠の嫁&結婚,自宅を調査!応援歌,グローブと守備の関係性は?

https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK60237_X20C14A9000000/

元々の本拠地は東京にあった日本ハムファイターズ。2004年に専用球場を札幌にドームに移転しました。

自宅は東京にあったという金子誠コーチ。チームが北海道に移転となれば、北海道を拠点としなければいけません。

しかし、自宅は東京で金子誠コーチが単身赴任という形で北海道へ行っていたのではないかと思われます。

金子誠の応援歌は?

金子誠コーチの現役時代の応援歌は

狙いは誠 絶好球 飛ばせ遥か スタンドへ

日本ハムファイターズのファンでなくても、聞き覚えのある応援歌ではないでしょうか。この応援歌の原曲は「のんびり自転車」という曲です。

金子誠選手の前に歌詞は違いますが、島田誠選手が使っていた応援歌です。つながりでしょうか。

金子誠のグローブへのこだわり

button-only@2x 金子誠の嫁&結婚,自宅を調査!応援歌,グローブと守備の関係性は?

https://www.gaora.co.jp/info/news/1207

現役時代、グローブには大変こだわっていたという金子誠コーチ。年に2回は自らグローブの紐を交換していたそうです。

プロ野球界では、野球用具メーカーがサポートするすので、自分で紐の交換をしていた選手は珍しいそうです。

それほどまでに、自分の道具にはこだわりを持っていたのかもしれません。その習慣は高校1年生の頃からのようです。

一流選手は道具を選ぶと言いますが、金子誠コーチは自分で作業をしてこそ愛着が湧くと言っていましたね。アマでもやってみると自分なりの手の感覚ができてくるそうですよ!

金子誠の守備の堅実さ

冒頭でもお伝えした通り、金子誠コーチの守備には華やかさはありませんが、守備範囲も広く、肩も強い。

そして、30歳半ばで遊撃手にコンバートされ守備についていたというのは本当に驚きです。

スポンサーリンク

身体が大きいので、テレビだとあまり凄さは伝わってこないのですが、実際に球場で見ると感動してしまうほど。

金子誠コーチの凄さが分かる動画をご覧ください。捕球後の笑顔も素敵です!

これぞプロというプレーですよね。

今後も金子誠コーチが育てた若手選手が活躍するのが楽しみです!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です