イチロー引退後の名前表記は?監督,解説者,タレント,コーチ引退後進路についても

Pocket

スポンサーリンク

ついにこの瞬間が訪れた。イチロー現役引退。

昨日まで行われたMLB開幕戦シリーズ。

7年ぶりに日本で開催されたメジャー開幕戦のマリナーズ対アスレチックス戦。

イチローや菊池雄星が所属するマリナーズの開幕戦ということで、日本でも非常に盛り上がっていたのだが、2戦目終了後に「イチロー引退」という衝撃的なニュースが飛び込んできた。

この衝撃的なニュースに世界中が驚愕してしまった。

どんなに素晴らしい選手でも、最期が訪れてしまう。

悲しい感情もあるが、この記事ではイチローの今後について予想していこうと思う。

スポンサーリンク

イチロー プロフィール(経歴,成績)

button-only@2x イチロー引退後の名前表記は?監督,解説者,タレント,コーチ引退後進路についても

出典:https://article.auone.jp/detail/1/6/10/92_10_r_20190317_1552808422146182

名前:イチロー(本名:鈴木一郎)

生年月日:1973年10月22日(45歳)

出身地:愛知県西春日井郡豊山町

身長:180センチ

体重:80キロ

スポンサーリンク

投球打席:右投左打

経歴:愛工大名電高校-オリックスブルーウェーブ-シアトル・マリナーズ-ニューヨークヤンキース-マイアミマーリンズ-シアトル・マリナーズ

今更彼のプロフィールを知らない人はほとんどいないだろうが、改めてご紹介しよう。

イチローは愛知県出身の世界的野球人だ。

幼少期からその野球センスは既に発揮されており、小学校3年生の時点でバッティングセンターで130キロ超えの球を打ち、一日も休むことなく毎日野球の練習を行なっていた。

中学では全日本少年軟式野球大会で全国3位を記録し、多くの強豪校からのお誘いの中、地元愛知の愛工大名電高校に進学。

高校進学後、1年からレギュラーを獲得し、通算2度の甲子園に出場を果たし、高校通算打率は5割を超えていた。

その後、ドラフト4位でオリックスブルーウェーブに入団。

入団3年目、彼の人生が大きく変わる出会いがあった。

そう。この年オリックスの監督に就任した仰木彬氏である。

仰木彬監督はイチローの類い稀な打撃センスを見抜くと、即座に一軍に呼び、即スタメンで起用する。

その後、イチローはその期待に応え、日本プロ野球史上初となるシーズン200本安打の偉業を達成した。

この偉業で知名度、実力とも球界No.1となったイチローは、毎シーズン記録的なヒットを量産し続け、2000年にメジャー挑戦を表明。

日本人初のポスティングシステムを活用し、シアトル・マリナーズと契約合意し、日本人初外野手メジャーリーガーとなった。

メジャー挑戦当時、現地アメリカでは彼の活躍は見込めないという意見が多く、評価は低かった。

しかしイチローはその評価を覆す活躍を見せる。

彼の活躍に現地は手のひらを返し、彼の選手価値は上昇を見せ、その後、2004年シーズン最多安打(262 本)、デビュー以来10年連続200安打(2001年 – 2010年)、10年連続200安打(2001年 – 2010年)、オールスターゲームでのランニング本塁打(2007年)など、数多くの偉業を成し遂げた。

その後、ヤンキース、マーリンズと移籍し、2018年3月には古巣マリナーズに復帰。

マリナーズに復帰したが、同年5月に「スペシャルアシスタントアドバイザー(会長付特別補佐)」の契約を結び、選手としては今季の残り試合は出場しないことが発表された。

そして2019年、マリナーズとメジャー契約という形に変わり、開幕戦を迎えたものの、この開幕シーズン2戦目終了後、引退が発表となった。

イチロー 引退後の名前表記は?

button-only@2x イチロー引退後の名前表記は?監督,解説者,タレント,コーチ引退後進路についても

スポンサーリンク

出典:https://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/20190321-OYT1T50212/

引退会見の際、多くの記者から質問があったが、その中で今後に人生について問われた際、イチローは、

「今日をもって、元イチローになるので」

と発言し、話題になっていた。

スポンサーリンク

元イチローになるという言い方がイチローらしい哲学的な発言である。

ネットではこの「元イチロー」が一時話題をかっさらっていた。

スポンサーリンク

果たして今後、「イチロー」の表記は変わっていくのか?気になるところだ。

イチロー 引退後は監督かコーチか?

引退後の可能性として有力なのは監督やコーチなどの指導者ではないかと思う。

しかし、記者会見でイチローは監督の可能性を全否定した。

「監督は絶対無理ですよ。絶対がつきますよ。人望がない。本当に。人望がないですよ、僕。
それぐらいの判断能力は備えているので。」

出典:https://dot.asahi.com/dot/2019032200005.html?page=7

本人が監督の可能性は否定した。しかし指導者の可能性というのはゼロではないようだ。

「自分に子供がいたとして、高校生であるとすると、教えられなかったりというルールですよね。そういうのって変な感じじゃないですか。今日をもって元イチローになるので、それは小さな子供なのか、中学生になのか、高校生になのか、大学生になるのかはわからないですけど、そこには興味がありますね。」

出典:https://dot.asahi.com/dot/2019032200005.html?page=7

イチローが学生を指導するという可能性を感じ、非常に嬉しかった。

偉大なレジェンドがアマチュア選手を一から育てるというのは、非常に興味深い話だ。

イチロー 引退後は解説者か?

引退後の可能性として、解説者はどうだろうか?

おそらく現状では可能性は低いだろう。

記者会見でイチローは、

「たぶん明日もトレーニングをしていますよ。それは変わらないでしょうね。僕はじっとしていられないから。動き回っているでしょうね。だからゆっくりしたいとか全然ないですよ。全然ない。たぶん動き回ってます。」

出典:https://dot.asahi.com/dot/2019032200005.html?page=6

そう。彼は「じっとしていられない」性格だ。

そんな人が、体ではなく「口」だけを動かす仕事に、魅力を感じないのではないかと思う。

イチロー 引退後タレントは?

現役引退後、テレビタレントに転身するプロ野球選手は多くいる。

果たして、イチローがタレントになる可能性はあるのか?

元木大介、石井一久、清原和博など、バラエティ番組で活躍する元プロは多くいたが、イチローはそのようなタイプではない気がしている。

やはりイチローは何かしら「野球」に関わる仕事に就くと考えるのが大方の予想だ。

松井秀喜のようにGM特別アドバイザーのような肩書きで、マイナーリーガーの育成に注力するのが一番適任だと感じている。

果たしてイチローはどうなるのか。今後も彼の動向に注目していこうと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク