東京ヤクルトスワローズ

栗山英樹福島弓子と伊達公子が独身の理由?若い頃や現役時代も調査!

Pocket

スポンサーリンク

58歳とは思えない若々しさをもつ日本ハムファイターズの栗山英樹監督。柔らかい笑顔で選手を迎える姿に女性のファンも多いようですね。

現役時代の若い頃はイケメン選手として黄色い声援を浴びていました。

イケメンというよりは、甘いマスクというような雰囲気でしょうか。所属していたヤクルトスワローズの本拠地である神宮球場には若い女性が詰めかけていたのも懐かしい光景です。

そんな栗山英樹監督ですが、実は過去に2人の女性と熱愛が囁かれたことがあります。栗山英樹監督と噂になった女性とは?

噂の真相に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

栗山英樹プロフィール・経歴・出身地・血液型・成績

button-only@2x 栗山英樹福島弓子と伊達公子が独身の理由?若い頃や現役時代も調査!

https://www.daily.co.jp/opinion-d/2018/11/11/0011809062.shtml

1961年4月26日生まれ、東京都小平市出身、身長176㎝、A型

野球を始めたのは小学生の頃。野球をしていた兄の影響によって軟式野球をはじめました。一度野球から離れた事はあったものの、創価高校へ進学後は野球部に所属し、1年生からベンチ入り。3年生にはエースとして活躍した。

東京学芸大学に進学し、教員を目指すが野球への夢が再熱しプロ野球のテストを受ける事となった。

その結果、ヤクルトスワローズへドラフト外入団が決まった。プロ3年目には開幕一軍入りをしましたが、メニエール病を患い入院をする事となり長期離脱をしてしまう。

病を克服した1989年からはレギュラー定着し、ゴールデングラブ賞を獲得する活躍をみせた。

しかし29歳の若さで引退を表明。メニエール病と肘のケガが原因とされている。

栗山英樹と福島弓子の関係は?

button-only@2x 栗山英樹福島弓子と伊達公子が独身の理由?若い頃や現役時代も調査!
スポンサーリンク

https://www.daily.co.jp/opinion-d/2018/11/11/0011809062.shtml

未だ独身という栗山英樹監督。女性にモテなかったって事はないですよね。

実は、お付き合いをしていた女性がいて、その女性とはイチロー選手の奥様である福島弓子さんだったようなのです。

結婚目前まで話は進んでいたようなのですが、福島弓子さんのお姉さんに不倫報道が出たために栗山英樹監督のお父様が猛反対し、結婚の話はご破算となってしまったようです。

栗山英樹と伊達公子の関係は?

button-only@2x 栗山英樹福島弓子と伊達公子が独身の理由?若い頃や現役時代も調査!
スポンサーリンク

https://www.thetennisdaily.jp/players/contents/0000046.php

実は、福島弓子さんと破局した原因がもうひとつ噂されています。それは、テニスプレイヤーの伊達公子さん。

栗山英樹監督が、福島弓子さんと交際中に伊達公子さんの事を好きになってしまい破局したのではないかという説。

99%は福島弓子さんの事を考えているが、残り1%は伊達公子さんを考えていると福島弓子さんに言ったとか言わないとか。

福島弓子さんは、突然婚約を破棄され納得のできる答えをもらっていないと当時の取材に答えていたそうです。

もし、この話が本当であったなら最低です。本当にそう思っていたとしても、本人にそんな事をわざわざ言わなくても良いのでは・・・

しかし、伊達公子さんは健康的で美しく、女の私から見てもとても魅力的な女性です。好きになってしまうのは仕方ないかもしれないですね!

栗山英樹が独身の理由は?

button-only@2x 栗山英樹福島弓子と伊達公子が独身の理由?若い頃や現役時代も調査!

https://www.jalan.net/kankou/spt_01429ae3292013333/

北海道栗山町で生活をしている栗山英樹監督。栗の樹ファームという施設を自費で立ち上げ、野球場などを市民に開放したりしています。

まさに男のロマン。男のロマンを貫くために、独身を貫いているのかもしれませんね。

野球が大好きで仕方ない。そんな人なのかもしれません。

栗山英樹が若い頃の現役時代

button-only@2x 栗山英樹福島弓子と伊達公子が独身の理由?若い頃や現役時代も調査!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190507-00000013-baseballo-base.view-000

栗山英樹監督の現役時代は7年と、監督を務めている元選手の中では、とても短い選手経験のようです。

ケガや、メニエール病に苦しみ思うような現役生活が送れなかったのではないでしょうか。選手としては大成できなかった栗山英樹監督ですが、大谷翔平選手の二刀流に理解を示すなど柔軟な采配にも、自身の現役時代の苦労があったからなのではないでしょうか。

いつまでも若々しく監督をしている姿を見られる事を楽しみにしています。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です