丸佳浩(巨人)メモの中身や内容は対戦投手!真面目さや練習量についても

Pocket

スポンサーリンク

いよいよ今週開幕を迎える日本プロ野球。

各チーム、ペナントレースのスタートダッシュを狙う開幕シリーズが迫っており、ファンもワクワクしている時期だが、今回は今年巨人に移籍した丸佳浩の『メモ』に注目していこうと思う。

広島時代から試合中によくメモを取っていた丸選手だが、ジャイアンツに移籍しても『メモ』をとる作業を続けている。

では一体丸選手はどのようなメモを取っているのか?調査してこう。

スポンサーリンク

丸佳浩 プロフィール(経歴)

button-only@2x 丸佳浩(巨人)メモの中身や内容は対戦投手!真面目さや練習量についても

出典:https://hochi.news/articles/20190205-OHT1T50289.html

名前:丸佳浩

生年月日:1989年4月11日

出身地:千葉県勝浦市

身長:177センチ

体重:90キロ

経歴:千葉経済大学附属高校-広島東洋カープ-読売ジャイアンツ

小学校3年生からソフトボールを始めた丸選手は、中学までは軟式野球を続け、高校からは千葉経済大学附属高校で硬式野球に取り組む。

千葉経済大学附属高校では2年次に夏の甲子園に出場。3年次は外野から投手に転向し、関東大会優勝、春のセンバツ甲子園出場を果たしている。

スポンサーリンク

その後2007年の高校生ドラフトにおいて、広島東洋カープから4位指名を受け入団。

入団後は野手に専念するが、怪我の影響で出遅れる。しかし夏前に回復するレギュラー出場が増え始め、6月にはウェスタンリーグの月間MVPを受賞。その勢いのまま8月にはフレッシュオールスターにも出場した。

ファームで経験を積み、2010年に初の1軍昇格を果たし、同年プロ初安打と初打点を記録。

2013年からはセンターの座を奪い、シーズン通してレギュラー出場し、チームの主軸を担っていく。そして2016年から2018年までの3年間、広島東洋カープをセリーグ制覇に導いたのである。

そして2019年、読売ジャイアンツへFA移籍。

ジャイアンツでは「3番センター」が有力となっており、広島東洋カープ時代と同様にクリーンアップを任される予定だ。

広島時代とはプレッシャー度が違うジャイアンツにおいて、どれくらい好成績を残せるか注目である。

丸佳浩 メモの中身や内容は?

button-only@2x 丸佳浩(巨人)メモの中身や内容は対戦投手!真面目さや練習量についても

出典:https://akinomono.jp/blog-entry-7844.html

広島在籍時から自身の打席後によく『メモ』を取っていた丸選手。

最近何かと話題のこの『メモ』という言葉。

ライブ配信やストリーミングサービス運営会社「SHOWROOM」の代表・前田裕二氏が出版した『メモの魔力』がビジネス書ランキング1位を獲得するほど、日本人は今『メモ』を取る行為にとても注目している。

button-only@2x 丸佳浩(巨人)メモの中身や内容は対戦投手!真面目さや練習量についても

出典:https://www.amazon.co.jp/メモの魔力-Magic-Memos-NewsPicks-Book/dp/4344034082

スポンサーリンク

丸選手がこの「メモの魔力」を読んでいるかは定かではないが、少なくとも『メモ』の重要性は彼自身も理解しているだろう。

では一体どのようなことをメモしているのか?

本人曰く、

「普通に、対戦した投手の思ったことなどを書いたりしています」

と証言している通り、彼はチームスコアラーが提示する情報とは異なり、彼自身で気づいたことをメモしているようだ。

対戦投手の配給の傾向はスコアラーから情報をもらい、自身のノートには相手との間合い、タイミングを取る際の感じ方、相手投手のクセ(グラブの使い方、クイックの特徴等)を記しているのだ。

このメモを取る行為は、ホームランでも凡打でも、必ずメモを残すそうだ。

その打席打席で気づいたことはとにかくメモを取る。プロ野球選手として非常に努力家なのがわかる。

確かに、人は何かに残さないと忘れてしまう生き物だ。

サラリーマンの人でも、営業に行って門前払いされることは多々あるが、訪問するたびに取引先の相手の特徴、性格などをメモするのは、後の営業活動にも大きく影響すると思う。

メモの重要性は、誰しもが考えるべきだと感じる。

スポンサーリンク

丸佳浩 真面目で努力家

button-only@2x 丸佳浩(巨人)メモの中身や内容は対戦投手!真面目さや練習量についても

出典:https://hochi.news/articles/20190128-OHT1T50149.html

打席ごとにメモを取る丸選手だが、ここまで細かいこよができるのは彼は真面目で努力家であるからだ。

2年連続セ・リーグMVPを受賞し、普通であれな驕りたかぶりなスタンスになってしまいがちだが、丸選手は違う。

広島東洋カープは練習量が多いことで有名だが、個人に移籍しても丸選手の練習量は変わらず、自分のペースで猛練習に励んでいる。

この姿はジャイアンツの選手たちに多くの影響を与え、主力の岡本や陽岱鋼は、

「結果を出している丸君(さん)があれだけやってるんだから、刺激は受けますよ」

と述べており、個々の選手の練習量と練習意識は大きく変わったように思える。

丸佳浩 練習量

button-only@2x 丸佳浩(巨人)メモの中身や内容は対戦投手!真面目さや練習量についても

出典:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/248049

スポンサーリンク

前述した通り、丸選手の練習量は、ジャイアンツの選手から見ると相当な練習量のようだ。

今シーズン、新外国人としてメジャーから新加入したビヤヌエバ選手は、

「ジャイアンツはよく練習するな」と言ったそうだが、それに対し丸は、

「カープはもっとやっているよ」とバッサリ。

(余談だが、ビヤヌエバ選手が全然結果が出せていないのが、ジャイアンツファンとしては心配だが、、)

このように、丸選手の存在がチーム全体の底上げにつながると感じている。おそらく原監督もこういう効果がもたらされることも予測して獲得したのではないかと思う。

大型補強を行い、優勝日本一が絶対と言われれいるジャイアンツ。

今シーズンは一体どのような成績になるのか。非常に楽しみである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク