広島東洋カープ

達川光男は韓国人?妻と子供(娘)は?白髪染め伝説って?

Pocket

スポンサーリンク

若い世代の野球ファンにはあまり馴染み深くはないと思いますが、昭和世代の野球ファンなら広島カープのファンではなくても誰もが知っている達川光男氏。

グラウンドの詐欺師とも呼ばれる達川氏ですが、現役時代から今に至るまで野球界に様々な伝説を残しています。

あの炎のストッパー津田恒美投手との名バッテリーでも記憶に残る選手でしたが、それよりも記憶に残るのが、やはりおもしろプレーの数々ではないでしょうか。

そんな達川氏をリサーチしましたので、お楽しみください。

達川光男プロフィール・経歴・成績について

button-only@2x 達川光男は韓国人?妻と子供(娘)は?白髪染め伝説って?

引用元:Wikipedia

1955年7月13日生まれ・広島県広島市東区出身・身長177㎝・体重77㎏

広島商業高校時代、春のセンバツに出場し準優勝。同年、夏の甲子園に出場し優勝を果たしています。

高校時代の公式戦で唯一のホームランが、この夏の甲子園で鹿取義隆氏から打ったホームランであるそうです。
この試合を最後に甲子園では金属バットが使用される様になった為、甲子園大会の木製バットでの最後のホームラン打者になるという伝説を作りました。高校卒業後は東洋大学に進学。

大学リーグでは秋季大会で初優勝を果たしています。明治神宮大会では準決勝で敗れてはしまいましたが、ベストナインに選ばれるなどの成績を残しています。

その後広島東洋カープにドラフト4位で入団。自分の名前が呼ばれなかったので、ドラフト会議の途中でパチンコへ行ってしまい、指名をされた時に大当たりをしていたと言う伝説を残しています。広島カープ入団後はなかなか試合に出る事ができず正捕手の座に座る事ができませんでした。

率先してブルペンキャッチャーを務めるなど努力を重ね、入団から6年後、正捕手の座を勝ち取る事ができました。

決して一流プレーヤーではありませんが、努力する姿やチームを盛り上げる姿からファンにも愛されていた選手です。

広島カープの黄金期を支えてきた女房役は1992年に突如引退を発表。引退試合ではリリーフカーに乗って登場して守備につき、ここでもまた伝説を作りました。

ソフトバンクコーチとしての達川光男氏

現役引退後、プロ野球解説者として活躍をした達川氏。プロ野球ニュースでは面白いコメントとサービス精神旺盛な演出で見ている人を楽しませてくれました。

スポンサーリンク

まだ子供だった私は、夜更かしをしてプロ野球ニュースを見ていた事をよく覚えています。その後95年からダイエーホークスのバッテリーコーチに就任も1年で退団。

その後もカープの2軍監督や、1軍監督、阪神バッテリーコーチ、中日バッテリーコーチなどを経て2017年ソフトバンクホークスの1軍ヘッドコーチに就任しました。工藤監督の右腕となり、データ分析官とタッグを組み、データ重視の野球をしているそうです。

しかし、ベンチ入りに登録されていた試合で失踪するなど工藤監督や選手との信頼関係はどうなのかと疑ってしまう部分があるのは私だけでしょうか。

達川光男氏、生放送中に白髪染めをすると言う珍事

今年の1月にTNCテレビ西日本の情報番組に達川氏が生出演をしました。17時台は白髪の丸刈りというヘアスタイルで登場していたのですが、全国ニュースを挟んだ18時台に達川氏がテレビに映った時には、どういう事か黒髪に。

スポンサーリンク

達川氏本人もその事には特に触れずに番組が始まったので、視聴者も見間違いか勘違いと思った方が多かったそうです。

番組出演者やスタッフに黒髪の方が良いと言われ、その場でヘアスプレーで白髪染めをしたと言うから驚きですね。まさに髪ってる達川伝説です。

達川光男氏の国籍は元韓国?

日本のプロ野球で活躍する選手の中には、在日韓国人の選手も多くいると言う話をよく耳にします。

達川氏もその1人と言われていて、1981年に日本に帰化していると言う事です。

達川光男氏の妻と子供(娘)について

達川氏の妻「仁美さん」は、2014年に53歳の若さで大腸がんにより他界しています。最愛の妻を亡くした達川氏は葬儀の際に「まだ気持ちの整理がつきません」と悲しみを隠せないコメントをしていました。

野球が大好きだった妻の為にも日本の野球界を盛り上げて欲しいですね。そして、達川氏の子供は2人いる様ですが、1人は娘さんです。

バラエティ番組で取り上げられた現役時代の達川氏の姿をみて「お父さんそんな酷いことしとったんか」と言っていたそうです。

明るくお茶目な性格の達川氏の娘さんですので、きっと明るい方なのではないでしょうか。

達川光男氏・伝説のデッドボール詐欺とコンタクトレンズ事件

珍プレーの神様である達川氏。達川氏と言えばコンタクトレンズかデッドボールを思い浮かべる方も多いかと思います。コンタクトレンズ事件は1990年ナゴヤ球場での出来事。

いきなりタイムを取った達川氏が地面に這いつくばり何かを探している様子。選手や審判も集まり試合は中断。
達川選手のコンタクト紛失のため試合を中断していますとアナウンスが流れ、観客席から笑い声があふれ、中日ドラゴンズの監督や選手も笑いをこらえている様子がとても印象深かったです。

当時は15000円ほどしたと言うコンタクトレンズ。まだ3ヵ月しか使っていないと言う達川氏の気持ちお察ししますが、とても可笑しい事件でした。

そしてコンタクトレンズ事件と並んで達川氏と言えばデッドボール詐欺。当たってないのに、当たったと主張する姿がコミカルで面白かったです。

ユニフォームをめくって、赤くなってるだろとばかりに審判に見せる姿や、相手チームの選手に当たった場所を顔の目の前にまで持っていき、見せつける姿などは映画俳優の様な名演技。

当たった腕と反対の腕を押さえてしまい、審判にバレてしまう事などもありました。達川氏は何とか塁に出たいと言う気持ちが強かったのか、当たってないのに自分でつねって赤くして審判に見せていたという逸話もあります。達川氏と並んで球界の詐欺師と呼ばれた選手がいました。

動画もありましたので、ご覧ください。

現在の横浜DeNAベイスターズの前身である大洋ホエールズから横浜ベイスターズに在籍していた市川和正捕手です。

ハーフスイングをごまかす打法を3年かけて編み出したり、球界の詐欺師も見えない所で努力をしていると言う事ですね。達川氏も市川氏も、日本プロ野球界を盛り上げてくれた選手です。

現在でのプロ野球では考えられない様なほっこりするプレーの数々を見せてくれ、本当にありがとうと言いたいです。今後は若手の選手を育て、活躍してくれる事を期待しています。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です