千葉ロッテマリーンズ

安田尚憲(ロッテ)2軍成績ホームラン数,守備力走力は?父,兄との関係と彼女を調査!

Pocket

2018年の高卒ルーキー「BIG3」として、
日本ハムの清宮幸太郎選手、東京ヤクルトの村上宗隆選手と並んで、注目を浴びているのが、
千葉ロッテマリーンズの安田尚憲選手です。

その大柄な体格と、シンプルかつ豪快な打球から、
「幕張のゴジラ」として、高卒1年目から、大変期待されている選手です。

高卒1年目ながら、1軍出場も果たし、シーズン終盤となった9月終盤からは、多くの出場機会を得ています。

ここでは、そんな安田尚憲選手について、ご紹介していきます。

安田尚憲選手のプロフィール・経歴・成績について

button-only@2x 安田尚憲(ロッテ)2軍成績ホームラン数,守備力走力は?父,兄との関係と彼女を調査!

引用元:yoshilover’S blog

安田尚憲選手は、1999年4月15日生まれの19歳(2018年9月現在)。
大阪府出身で、小学校中学校と地元大阪で過ごしてきました。
高校は地元の名門・履正社高校に進学し、1年生の秋から「5番・三塁手」としてレギュラーに定着しました。

2年生からチームの4番に座り、夏の甲子園の大阪府大会では、打率5割以上を記録する活躍を残し、
甲子園出場に大きく貢献しました。

その後の秋季大会でも大活躍し、チームの近畿大会優勝、国体後の明治神宮大会でも優勝するなど、
その名を全国区にしました。

3年生になると、春の選抜大会に出場し、甲子園での初ホームランを記録。
夏の甲子園には、大阪府大会で敗れ、春夏連続出場とはなりませんでしたが、
高校通算65本塁打、U-18の日本代表に選ばれるなど、そのセンスと素材は超高校級との評価を受けていました。

2017年のドラフト会議では、ドラフト1巡目の再指名で、
福岡ソフトバンクホークス、千葉ロッテマリーンズ、阪神タイガースの3球団から指名を受け、
抽選の結果、千葉ロッテマリーンズが交渉権を獲得し、入団しました。

プロ入り後はオープン戦の途中まで1軍に帯同するも、プロの高い壁に阻まれ、2軍へ降格しました。

降格後はプロ1年目とは思えない活躍を残し、8月に1軍昇格しました。
その後、プロ初ヒットを記録するなど、将来のスター選手になるべく、その道を進んでいます。

安田尚憲選手の2軍成績は?ホームラン数は?

プロ1年目の安田尚憲選手は、開幕後から2軍で鍛錬の日々を過ごしてきました。
そこで、ここまでの安田尚憲選手の2軍成績を確認してみましょう。

<安田尚憲選手の2軍成績>(2018年9月現在)
試合…106
打数…398
安打…108
打率….271
本塁打…12
打点…67
四球…30
三振…104
OPS….741

スポンサーリンク

特筆すべきは、本塁打数です。
高卒ルーキーで2桁本塁打打つ選手はそう多くありません。
そして、高卒1年目で2桁本塁打を放った選手の多くは、その後一軍で活躍する選手が多いです。
横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手や、埼玉西武ライオンズの森友哉選手など、
球界を代表するスラッガーに成長しているように、高卒1年目で2桁本塁打を放つかどうかは、
一種のバロメーターとなっています。

そして、安田尚憲選手はこれまで2軍で12本塁打を記録。今後、球界を代表するスラッガーとして、
大いに期待できる成績を残しています。

三振数がやや多いのが気になる点ですが、こちらは、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手を育て上げた大村巌コーチの指導方針である、三振を怖がらず、積極的に振りにいく姿勢から生まれているものであり、
今後の成長のためには大切な数字ともなっているため、あまり気にする必要はなさそうです。

打率も2軍では.270以上残しているため、
率も残せるスラッガーとして、筒香嘉智選手のようになるのではないか、と期待してしまいますね。

安田尚憲選手の守備力・走力は?

button-only@2x 安田尚憲(ロッテ)2軍成績ホームラン数,守備力走力は?父,兄との関係と彼女を調査!

引用元:BASEBALL GATE

DHのあるパ・リーグの球団にしているとは言え、
守備に就かせられる程の守備力、そして塁に出たあとの走力はチームに貢献できるほどのレベルにあるのでしょうか。

守備力に関しては、本人も課題に感じているようで、まだまだ不安な部分もあるようです。

8月に1軍に昇格したときは、守備機会を与えてもらえず、その後2軍に降格したときには、

「守備力も上げて、1軍で守備に就かせてもらって、チームに貢献できるようにスキルアップしたい」とも話していました。

9月に再昇格後は、1軍でも三塁手としてスタメンの機会をもらい、守備機会も難なくこなしていました。

打撃のリズムは守備から生まれる、という理論もあるので、
安田尚憲選手には打撃同様、守備力もたくさん磨いてほしいですね。

スポンサーリンク

走力に関しては、あまり情報はないようですが、
あの巨体を動かすので、決して早い方ではないようです。

スポンサーリンク

しかし、まだまだ若い、そして優れた野球センスも持っている安田尚憲選手ですから、
しっかりと走る姿を見せて、一生懸命プレーしてほしいですね。

もしかすると、積極的な走塁を目指している井口野球のもとでプレーしていれば、
走塁のセンスも磨かれるかもしれません。

いずれにもしても、打撃のみではなく、様々なプレーで躍動してほしいですね。

安田尚憲選手の父、兄との関係、家族について

安田尚憲選手の家族はどのような家庭なのでしょうか。
どうやら、大物ルーキーの活躍は、この安田家に秘密が隠されているようです。

安田尚憲選手の父は、元陸上の短距離選手だったようで、現在も指導者として、
未来のアスリートを育成しているようです。

そして、兄はPL学園の野球部で捕手として活躍していたようで、
前田健太投手とバッテリーを組んでいたようです。

ちなみに母は、元やり投げの選手。

まさにアスリート一家に育った安田尚憲選手ですが、
このスポーツ環境で育ったからこそ、今の凄さがあるのかもしれませんね。

安田尚憲選手の彼女・結婚・好きなタイプは?

高卒ルーキーとして、多くの注目を浴びている安田尚憲選手ですが、
気になる彼女はいるのでしょうか。そして結婚の可能性はあるのでしょうか。

結論、現在、彼女の存在については確認出来ませんでした。。

今はまだ寮暮らしですし、関東に出てきたばかりで出会いもこれから。
1軍に定着し、寮を離れるようになってから、このような噂が出てくるようになるかもしれませんね。

そして、騒がれるような選手になってほしいです。

ちなみに安田尚憲選手の好きなタイプについても、まだ情報はないようでした。。
こちらの情報も気になりますね。

安田尚憲選手の2019年の年俸は?

高卒ルーキーとして、1軍の試合にも出始めている安田尚憲選手ですが、
2019年の年俸はいくらになるのでしょうか。

2018年の年俸は1240万円(推定)のようなので、
少なくとも現状維持、1軍での初ヒットやヒーローインタビューも経験したので、
多少のご褒美はあるかもしれません。

2019年の期待料も込めて、多くても数百万円のアップがあるかもしれませんね!

類まれなる野球センスと、随所に見せる地頭の良さを感じる安田尚憲選手。
その大物感を大事にこれから球界を代表するスラッガーとして、大きく成長を期待したいですね。
そして、2019年には、本拠地ZOZOマリンスタジアムにホームランラグーンが設置、本塁打が出やすくなる球場へと変化します。
2019年には、生まれ変わったZOZOマリンスタジアムで多くのホームランを期待したいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です